TOPCAE取扱製品のアップデートやドキュメントはこちらからログイン

TOPCAEの充実のサポート体制
技術サポート
セミナーのご案内
トレーニング
ベンチマーク
スタッフレポート

TOPCAEからのお知らせ

HOME » ニュース

ANSA v17.1.1リリース

17/07/11 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.1.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.1.1では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては以下の通りです。

・ANSA_v17.1.1_Release_Notes_Japanese.pdf


<Enhancements in ANSA>
---Scripting---
・カスタムツールバー/メニューをインポートする新規Pythonスクリプト関数
 [utils.ImportCustomToolbarsAndMenus()]を追加しました。

---CompareTool---
・新規PythonクラスCompareToolによって、モデル比較を行う全関数が統一
 されました。CompareFromFile()関数もこのクラスによって置き換えられる
 ため、現在この関数は非推奨となっています。

---Data management---
・ANSA DMで100%および150%の両方のSubsystemを扱うことができるようになり
 ました。

---Model Browser---
・ジオメトリ上の内容に基づいて、SubsystemとSimulation Modelのモデル
 設定エンティティを取得する"Update model set-up entities"のパフォー
 マンスが大幅に改善されました。

---Connections & Assembly---
・コネクションのFe-Rep Reference Properties Settingsでリファレンスライ
 ブラリエンティティを設定する際のSpotweld PointのRealize時間に関する
 パフォーマンスを改善しました。

・SeamlineのRealize時間に関するパフォーマンスを改善しました。

・READ CONNECTIONS Parametersウインドウで'Connection Id Offset'をON
 にした場合、異なるコネクションタイプに対して同一IDを持つコネクション
 を読み込む事ができます。

・Windows > Settings > Connections > Fe Rep Reference Propertiesの
 オプションから、FE Representation全体のリファレンスライブラリエン
 ティティをサポートしました。

---CHECKs---
・Free:Time Historyエンティティのみで使用しているNodeを検出し修正
 する事ができます。

---Radioss---
・Radioss 14 (Radioss 2017)をサポートしました。 

---Safety---
・ECE42の位置をマーキングしImpactor Includeの位置決め(1つまたは複数)
 を行うLow Speed Impactツールをサポートしました。

---SONATE---
・StructureおよびAcoustic Set間のカップリング作成を追加しました。

---Optimization Task---
・Reportアイテム内でCheck Templateアイテムの結果のチェックが可能となり
 ました。結果の重要度は、ステイタスをFatalまたはWarningに設定する事で
 コントロールします。 


<Known issues resolved in ANSA>
---General---
・'Read free geometry'オプションをOFFにしてANSAで*.igsファイルを開いた
 場合、Model BrowserにCADファイルに含まれたジオメトリ上のエンティティ
 が表示され、Database Browserには表示されなかったバグを修正しました。

---Connections & Assembly---
・Fe Rep Reference Propertyが設定されたv17.0.xのANSA defaultsがv17.1.x
 で正しく読み込まれなかったバグを修正しました。

---Volume Mesh---
・チェックでモデル上で検出したネガティブ要素の数が間違ってレポート
 されることがあったバグを修正しました。

・Volumes:AutoDetectで閉じたボリュームを正しく検出できないことが
 あったバグを修正しました。

---NASTRAN---
・Deck Info: NSM SetがNastranヘッダーを参照している場合、NSM Set内の
 一部のNSMが考慮されないためにMass Deck Info計算が間違っていたバグ
 を修正しました。 

---SONATE---
・SonateのGeneralizedDisplacement出力リクエストが間違っていたバグを
 修正しました。

---LS-DYNA---
・ANSA Kinematicの位置がPRIMER Kinematicコメントとして出力されな
 かったバグを修正しました。

---ANSYS---
・オプションをONにした場合、Includeの構造が表示されなかったバグを
 修正しました。

---NVH Console---
・Assembly:NVH ConsoleからA/LC Pointを定義する際、対応するコンポー
 ネントのRepresentationを変更すると名前が設定されたNodeが消えて
 いたバグを修正しました。

---Loadcase Manager---
・XMLファイルからインポートした場合、Fluid Nodeがリナンバーされて
 いたバグを修正しました。

---Morph and Oprimization---
・特定のエンティティの一部フィールドで、"DV from entities"機能
 (Database BrowserからONにする)が実行できなかったバグを修正しました。 


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら

META v17.1.1リリース

17/07/11 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
META v17.1.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

META v17.1.1では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては以下の通りです。

<Known issues resolved in META>
---General---
・Settings > Global Settings >General > GUI > Crash Report Path Setting
 をOFFにすると、METAが起動できない事があったバグを修正しました。

---Supported Interfaces---
・Abaqus: *ORIENTATIONキーワードで定義したマテリアルオリエンテーション
 の計算時、間違った軸が使用される事があったバグを修正しました。

・LS-DYNA: タイプが異なるSETのIDが重複している場合、一部のSETが入力
 できない事があったバグを修正しました。

・Unexpected termination when reading PAMCRASH Femzipped files.
 Femzippedファイルを読み込むと、異常終了していたバグを修正しました。

---Drawing---
・NVIDIA Quadro K4000グラフィックカード、ドライバー: 331.82の端末で、
 シェル要素が表示されなかったバグを修正しました。

---Managing Curve Data---
・カーブのポイント上でマウス右ボタンを押した場合、コンテキストメニュー
 が表示されなかったバグを修正しました。

---NVH Calculators---
・Medina結果ファイルのレスポンスが間違って計算されていたバグを修正
 しました。

---META Viewer---
・RenderモードがONの場合、レンダリング素材のアルファ値の代わりに
 PIDの色(透明色)のアルファ値が考慮されていたバグを修正しました。


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら

EPILYSIS v17.1.1リリース

17/07/11 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPILYSIS v17.1.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPILYSIS v17.1.0では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては、下記の日本語版リリースノートをご参照ください。

・EPILYSIS_v17.1.1_release_notes_Japanese.pdf

詳しくはこちら

CAD-DATAトランスレーターv17.1.1リリース

17/07/11 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAD-DATAトランスレーター v17.1.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAD-DATAトランスレーターでは下記のCADデータフォーマットをサポートしています。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
-CATIA V5 (R7 - V5-6R2016(CATIA V5 R26)) [.CATPart],[.CATProduct]
  Tesselated data [.cgr]
-NX (CT based,Unigraphics V11.0 - NX10) [.prt]
-NX (UG Open based,NX8,NX8.5,NX9,NX10) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
  PTC Creo Parametric 2.0 M140,PTC Creo Parametric 3.0 M020,
  PTC Creo Parametric 3.0 M030,PTC Creo Parametric 3.0 M040
 PTC Creo Parametric 3.0 M090 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2016) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (8.0 - 9.5) [.jt]
-Inventor (2010 - 2016) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
いただきますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

ANSA v17.1.0リリース

17/05/26 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.1.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.1.0では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては、下記の日本語版リリースノートをご参照ください。

・ANSA_v17.1.0_Release_Notes_Japanese.pdf

---General---
・Model Browserにおいて、アッセンブリモデルのデータを構成する方法が新しく
  なりました。SubsystemやSimulation Model等のモデル構成エンティティでは、
  Model Set Upエンティティが検出、分類されます。
・ANSAのナンバリングの挙動を改善しました。オプションで同じIDの要素(シェル、
  ソリッド等)およびConstraint(RBE2、Nodal Rigid Body等)が保存できます。

---Multi Model---
・Save AllオプションがFileメニューに追加されました。
  ANSAデータベース上に読み込んだ複数モデルのActive状態を気にすることなく
  全てのファイルを保存する事が可能になります。
・Measurementエンティティをアノテーションのアンカーとして使用することが
  できます。
・ユーザー定義した属性で使用できる数値を設定および修正することができます。
・CAD to ANSAトランスレーター(スタンドアローン)およびANSAでのトランス
  レーター設定の両方にPostアクション(スクリプト関数)を追加できます。

---Topo---
・RecordツールバーはTOPOメニューにおけるANSA操作を記録することが可能です。
・JoinしたCONSの削除、シングルCONSの選択、JoinによってFaceに関連する
  サーフェスの再作成が可能になりました。これにより、ジオメトリ上の
  エラー修正が容易になります。

---Meshing---
・節点板厚から指定したステップ値に従ってPropertyを作成し、Propertyに板厚を
  設定、またはPropertyの板厚から節点板厚を設定する新規機能を追加しました。
  対応するスクリプト関数も追加しました。
・定義するボリュームにあるエラーを検出するチェック機能を追加しました。

---NVH Console---
・新規のCompareツールにChecks>Compareでアクセスできます。比較できる
  エンティティは、コネクタ、座標系、Beam Stiffener、Rigid Bodyです。
  
---Kinetics---
・弾性体ボディ上の特定の節点の応力およびひずみの結果とModal Displacement、
  velocity、accelarationの結果を評価することができます。

---Morphing---
・シェル要素に定義したDFMパラメータにおいて、対称エンティティを自動的に
  認識し、同じパラメータを作成することができます。
・Cross sectionのDesign changeツールを大幅に改善しました。

---NASTRAN---
・繊維配向テンソルのマッピングをサポートしました。

---Abaqus---
・流体-構造コシミュレーションを完全サポートしました。
・オイラー解析をサポートしました。

---Moldex3D---
・繊維配向テンソルのマッピングをサポートしました。


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら

META v17.1.0リリース

17/05/26 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
META v17.1.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

META v17.1.0では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては、下記の日本語版リリースノートをご参照ください。

・META_Post_v17.1.0_Release_Notes_Japanese.pdf

---Graphics and results' display---
・モデルをより実物に近く描画する新規表示モードを搭載しました。
・粒子等の球体要素(SPH/Mass/Airbag Particle)を描画する際のパフォーマンス
  と品質を改善しました。
・アンチエイリアシングオプションを追加しました。
・これまでCut Plane断面上にのみ表示できたLine Integral Convolution (LIC)
  メソッドをPartのサーフェス上にも適用することが可能になりました。
・3Dメガネで立体的な表示を実施するための新規起動オプションを追加しました。
・新規起動オプション"-batch_hw"を用いて、Batch ModeでHardware OpenGL
  を使用できます。
・NVIDIAドライバ355以降のLinux端末で、-virtualxオプションを使用して起動
  する際のグラフィックパフォーマンスを大幅に改善しました。
・NVIDIAドライバ355以降のLinux端末で、リモートマシンにアクセスした際の
  グラフィックパフォーマンスを大幅に改善しました。
・virtualxサーバーへの安全なアクセスおよびアクセス制限に関する新規起動
  オプションを追加しました。

---Additions in supported interfaces---
・CATIA V5/CATIA V4/Pro Engineer/INVENTOR/NX/IGES/Parasolidファイル
  形式を追加でサポートしました。
・ABAQUS 2017(6.17)をサポートしました。
・電磁要素を追加しました。
・グローバル座標系に基づいたDampingおよびInertia Forceをサポートしました。
・CONVERGEソルバーで解析した結果の読み込みをサポートしました。
・CDH/OPTRANの.pchファイルのパネル寄与結果をサポートしました。
・IMACS SONATE振動音響結果の読み込みと処理をサポートしました。
・FemzipファイルのAIRBAG_PARTICLEデータをサポートしました。
・MADYMOのHDF5形式をサポートしました。
・NastranのNon Linear Strains結果をサポートしました。
・ParaViewのVTK/VTU/VTIファイルをサポートしました。
・PERMAS DisplacementとVon Mises StressのRMS値をサポートしました。
・Universal Dataset 57 (unv57)ファイルをサポートしました。

---General---
・モデルごとに異なるDeformationスケールファクタを設定するオプションを
  追加しました。
・変形結果に従ってRBE要素をフリンジ表示することができます。
・Negative Planeを定義できるようになりました。Planeで形成されたBoxの
  内側のエンティティを表示している際、その表示を反転させる場合などに
  役立ちます。

---Curve Functions---
・新規機能: Contribution Analysisを追加しました。選択したCurveから
  寄与解析を実行することができます。
・CalculateにCurveのヒストグラム(y値の分配)を作成する新規カーブ
 ファンクションを追加しました。
・新規基準: CCF (Complex Correlation Coefficient)を追加しました。
・新規フィルターオプション: SAE filter 1981を追加しました。

---NVH---
・様々なファイルからディスプレイメッシュが作成できます。
・Modal Responseツールの過渡応答結果をマルチスレッドで計算します。
・Modal ResponseツールからERP結果を計算できます。
・AutoCorrelationでは、Pointがモード励起としての使用に適しているか
  見分けるため、Driving Point Residue (DPR)を計算することができます。
・該当するレスポンスNodeの法線方向の結果を要求することができます。
 
---A/LC Points---
・均一にPoint分配されたA/LC Setを作成できます。
・A/LC Pointに座標系を関連付けることができます。 
・IDで決定したA/LC Pointをエクスポートできます。

---CFD---
・アダプティブPolyhedralメッシュをサポートしました
・大規模なPolyhedral要素(100面体以上)をサポートしました。

---Videos---
・開始フレームとカメラの実際のfpsをビデオヘッダーから読み込むこと
  ができます。

---File Export---
・ssh -Xまたは-virtualxを使用してリモートマシンにアクセス後、セッション
  を実行する場合の画像保存時のパフォーマンスを改善しました。
・ウインドウ、ウィジェット、アプリケーション領域を画像として取り込み、
  保存することができます
・UNV 55およびUNV 2414データブロック形式でモードを保存することができます。


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら

EPILYSIS v17.1.0リリース

17/05/26 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPILYSIS v17.1.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EPILYSIS v17.1.0では新機能が搭載されております。新機能とバグフィックス等の
詳細につきましては、下記の日本語版リリースノートをご参照ください。

・EPILYSIS_v17.1.0_release_notes_Japanese.pdf

---Performance and accuracy---
・接触解析のパフォーマンスと精度を大幅に改善しました。NLPARMキーワードを
  使用したSOL400の計算に特に効果があります。

・接触判定の精度が向上しました。

詳しくはこちら

CAD-DATAトランスレーターv17.1.0リリース

17/05/26 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAD-DATAトランスレーター v17.1.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CAD-DATAトランスレーターでは下記のCADデータフォーマットをサポートしています。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
-CATIA V5 (R7 - V5-6R2016(CATIA V5 R26)) [.CATPart],[.CATProduct]
  Tesselated data [.cgr]
-NX (CT based,Unigraphics V11.0 - NX10) [.prt]
-NX (UG Open based,NX8,NX8.5,NX9,NX10) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
  PTC Creo Parametric 2.0 M140,PTC Creo Parametric 3.0 M020,
  PTC Creo Parametric 3.0 M030,PTC Creo Parametric 3.0 M040
 PTC Creo Parametric 3.0 M090 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2016) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (8.0 - 9.5) [.jt]
-Inventor (2010 - 2016) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
いただきますようお願い申し上げます。

詳しくはこちら

ANSA v17.0.4リリース

17/03/17 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.0.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANSA v17.0.4は ANSA v17.0.3のバグフィックスバージョンです。
バグフィックスの詳細については、下記の日本語版リリースノートをご参照下さい。

・ANSA_v17.0.4_Release_Notes_Japanese.pdf 


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら

META v17.0.4リリース

17/03/17 []

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
META v17.0.4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

META v17.0.4は META v17.0.3のバグフィックスバージョンです。
バグフィックスの詳細については、下記の日本語版リリースノートをご参照下さい。

・META_Post_v17.0.4_Release_Notes_Japanese.pdf

尚、本バージョンでは新規機能も搭載されております。
新規機能についても、日本語版リリースノートをご参照下さい。


ダウンロードページよりインストーラーおよび関連するドキュメントをダウンロードして
頂きます様お願い申し上げます。

詳しくはこちら