BETA CAE Systems Japan取扱製品のアップデートやドキュメントはこちらからログイン

BETA CAE Systems Japanの充実のサポート体制
技術サポート
セミナーのご案内
トレーニング
ベンチマーク
スタッフレポート

CASE4

HOME » 導入事例 » [CASE4]株式会社本田技術研究所様

株式会社本田技術研究所様のご要望により、META Postのレポート作成機能(Report Composer)にPowerPoint(.pptx)作成機能を追加いたしました。
META Postの自動化機能と合わせて、レポートコンテンツ作成からPowerPointレポート生成までの完全自動化を実現し、大幅な工数削減を実現しております。
本機能の重要なポイントはMicrosoft Office PowerPointで作成したファイルをテンプレートとしてMETA PostのReport Composerに読み込め、さらにPowerPointの内容を置き換えていくことを可能にしたことです。
それにより、ユーザーはレポート上でのグラフや画像、テーブル、テキストの配置をPowerPointを使用し作成でき、そのファイルをテンプレートファイルとして使用可能になりました。

全ての作業をユーザーがマニュアルでおこなっており、詳細なレポートを作成するには膨大な工数を要していました。

まず、Nastranファイル(.NS、.OP2、.F06)を用い、レポートに使用するコンテンツ(TEXT、CSV、JPEG、GIF)をMETA Postが自動で作成します。(Data Generation)
次に、PowerPointで作成されたファイル(PPTX Template)をMETA PostのReport Composerに読み込みます。
最後に、レポートの内容を先に作成されたレポートコンテンツファイルで置換、レポートを作成します。(pptx generation)

大幅な工数削減を実現し、詳細なレポート作成を開発現場で活用できるようになりました。

META Postを用いた自動レポートのデモンストレーションムービーです。
ムービーの内容は以下の通りです。
Step1. レポートに必要な様々なファイルをMETA Postにて自動化された機能を用いて生成します。
        生成されたファイルが右のフォルダ内に作成されていきます。
Step2. META PostのReport Composerを用いてpptxファイルを生成します。
Step3. 確認のため生成されたpptxファイルをMicrosoft PowerPointで開きます。

※本ムービー内で用いられている解析モデル、結果等はデモンストレーションのために内容を一部編集、変更しています。