BETA CAE Systems
                    logo

June 23, 2019

BETA CAE Systems announces the release of the v20.0.0 of its software suite


ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator/RETOMO v20.0.0のダウンロードはこちら



ansa meta image


Contents

Enhancements and known issues resolved in ANSA
Enhancements and known issues resolved in EPILYSIS
Enhancements and known issues resolved in META
Enhancements and known issues resolved in KOMBOS
Enhancements and known issues resolved in RETOMO
CAD data translator
Recommended GPU (OpenCL Support) requirements
Virtual Machine Environment


New tools & Highlights

Enhancements and known issues resolved in ANSA

ANSAの新しいバージョンでは、Casting部品の中立メッシュだけでなく完璧なメッシュのRenderingに対して全く新しい機能を提供し、ユーザーの真のニーズに対応します。

CFD領域では、Feature Managerにおいて特別なPerimeter(Sharp, Free, LeadingEdges)やTrailing Edgeをサポートしています。再設計したSpacing CFD機能では特別なメッシュ作成ルールに沿ってこれらのフィーチャーを扱います。

更にこのバージョンは、PDMからCAEへのより信頼性の高いプロセスが可能です。高品質なFEモデルのプリプロセッシングにおいて継続的に結合や各種機能の開発を行っており、特殊なモデリングを必要とするケースにも対処します。

Optimization領域も進んでおり、ANSAとMETAにおいて新しいBEAM最適化ツールのプラグインに加え、スムースな表面メッシュ作成のためのTopology最適化の新プロセスを含む解決案を提供します。

VR分野ではポストプロセッシングまで適用範囲をANSAにも拡大し、より身近で現実的な展望のある多大なプリプロセッシングを提供します。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in EPILYSIS

EPILYSISは、有限要素解析の分野におけるソリューションとして動作し、特にSOL200を用いた複数分野の設計最適化に焦点をあて、様々な分野の拡張機能が付属しています。全体的なプロセス実行の大幅な加速は、v20.0.0の主な特徴の一つです。

さらに、NVH解析は、EPILYSISから出力できる新しいタイプの結果を通じて、NVH問題のメカニズム分析と改善を行うための支援能力が強化されました。これらの結果は、各コンポーネントがモードに基づいて計算された場合、システムモードに対するコンポーネンモードのエネルギー(運動エネルギー、ポテンシャルエネルギー、および総エネルギー)の寄与です。この解析結果はNVH Console内からのみ取得でき、システムモードまたは特定の周波数帯を含む全モードのいずれかに対して寄与を表示するオプションを選択し、それぞれの結果を読み込みMETAのGUI上に表示します。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in META

METAの多様なポストプロセッシングを拡張し、特にNVHの分野では、新しいツールバー、機能の見直し、および再設計されたツールのためグラフィックカーネルを強化しました。

さらに、拡張された機能は分野ごとだけでなく、METADBやVirtual Realityなどの分野でも高レベルの自動化と優れたパフォーマンスを発揮します。また、Pythonを使用した堅牢な開発が提供されており、進行中のプロセスを加速させたりユーザーの能力を拡張する新しいユーザーツールバー開発キットも搭載されています。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in KOMVOS

KOMVOS-SDMコンソールは、革新的なシミュレーションモデルおよびデータ管理プラットフォームとして最初に導入されました。このプラットフォームは、完全にカスタマイズ可能な方法でデータ管理システムと直接連結し、プロセスの複雑を解消します。

今日、それはスタンドアローンなアプリケーションとして進歩しており、少ないファイルサイズ、簡単なインストールと起動操作、サポートするプロダクトツリーフォーマットを拡張し、最適な製品に対し重要な改善をしています。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in RETOMO

新しいバージョンでは、RETOMOの実力はさらにより高いレベルに到達しています。素早く手軽な操作が可能なマニュアルツール、表示モードの強化、より高度なフィルタリングといった新しい機能が搭載されています。

このバージョンのRETOMOには、弊社内で開発された新しい機械学習アルゴリズムが搭載されています。これによって従来よりも高度な複数材質のセグメンテーションに対応しています。

 

go to top

CAD data translator

The supported CAD-data formats handled by the CAD DATA Translators are listed below.

-CATIA V5 (R7 - V5-6R2019(CATIA V5 R29)) [.CATPart],[.CATProduct]
Tesselated data [.cgr]

-CATIA V6 (2011x - 2013x)) [.3Dxml]
-3DExperience (2014 - 2018x) [.3Dxml]
-NX (CT based, Unigraphics V11.0 - NX1847) [.prt]
-NX (UG Open based, NX9, NX10, NX11, NX12,NX1847) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
PTC Creo Parametric 2.0 M140, PTC Creo Parametric 3.0 M020,
PTC Creo Parametric 3.0 M030, PTC Creo Parametric 3.0 M040,
PTC Creo Parametric 3.0 M090, PTC Creo Parametric 4.0 F000
PTC Creo Parametric 5.0 F000 PTC Creo Parametric 6.0 F000 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2018) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (v8.0 - v10.0) [.jt]
-Inventor (2010 - 2019) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]
-Rhino(up to v5) [.3dm]

-ACIS(R27) [.sat]

 

go to top

Recommended GPU (OpenCL Support) requirements

ANSAおよびMETA(v14.x.x以降)をご利用頂くにあたり、下記GPU環境が推奨されます。

AMD:
 Radeon HD 7xxx, 6xxx
 Firepro W series, V series
NVIDIA:
 GTX 5xx, 6xx
 Tesla (all)
 Quadro 2000 - 6000, k2000 - k5000
Intel:
 i3, i5, i7
 ("Intel SDK for OpenCL Applications 2012-13"のインストールが必要です。)


go to top

Virtual Machine Environment

Virtual Machine環境をご利用の場合は、日本語セットアップガイドに記載しております下記点にご注意ください。
-BETA_LMはVirtual Machine環境ならびにNICチーミングを設定しているサーバでは稼働いたしません。
-Virtual Machine環境でBETA CAE Systems S.A.のソフトウェア(例:ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator)を利用する場合は
 ソフトウェアを起動した本数分のライセンスが必要になります。


 

ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator/RETOMO v20.0.0のダウンロードはこちら


株式会社 BETA CAE Systems Japan
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-3
T: 045-478-3840 | Email: support@beta-cae.jp | http://www.beta-cae.jp

なお、ダウンロードの際のユーザーアカウント/パスワードは、前回(v19.1.3)リリース時にご案内したものと異なっております。
恐れ入りますが、ご不明な場合は弊社 Email: sales@beta-cae.jp までお問い合わせください。


Release Announcement BETA CAE Systems suite v19.1.2