BETA CAE Systems
                    logo

Dec 21, 2018

BETA CAE Systems announces the release of the v19.1.1 of its software suite


ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator v19.1.1のダウンロードはこちら



ansa meta image


Contents

Enhancements and known issues resolved in ANSA
Enhancements and known issues resolved in EPILYSIS
Enhancements and known issues resolved in META
CAD data translator
Recommended GPU (OpenCL Support) requirements
Virtual Machine Environment


Enhancements and known issues resolved in ANSA

Model Browser

Model Organization: 他のSubsystemをIncludeとして参照する"Subsystem folder"をDMに保存できるようになりました。これにより、アセンブリ(例:BiWモデル)を複数のIncludeに分割して取り扱うことができるようになりました。

Data Management

dm_structure.xmlでLibrary ItemをサポートするDMの場合、Model BrowserのLoadcase /Simulation Modelタブ内から直接そのようなLibrary ItemをDMに保存できるようになりました。

Plugins

From Includes to Model Browser: 本プラグインでは、includeで構成された FE modelをModel Browserコンテナに簡単に実装でき、"Smart Assembly"機能を使用してアッセンブリの土台を整えることができます。本ツールでユーザーにincludes-labelingプロセスを促し、最小限の操作で各include fileをModel Browserにマッピングできます。Data management機能と組み合わせて使用することでデータ内にあるオリジナルのinclude fileを適切なmetaデータにコピーし、data management機能を土台にした実装モデルを総合的に管理することができます。

Mapping - SOL200 FE Update: Epilysis の最適化結果から、シェル要素の直交異方性材料(MAT8)の角度結果をマッピングできるようになりました。

Safety

Interior - FMVSS201U: オプション"Use distance to hard parts"を追加しました。このオプションでは、Contact PointとHard Partとの距離を考慮します。Headformの最適な水平位置は、HeadformのX軸に沿ってContact PointとHard Part(ある場合)との距離を計算することで推定します。さらに、このオプションをOnにすると、最適化されたNodeが見つかるまで再計算を実施します。

Known issues resolved in ANSA

General

Lists - Modify: リスト表示したエンティティの属性をフィールドにF1キーを押してModifyすると修正できませんでした。

Model Browser

Parts - Replace: Multi-instance PartをReplaceしたとき、Incoming PartがOutgoing PartのInstanceになりませんでした。 Multi-instanceの設定を削除することは、意図した挙動ではありません。今後、Multi-instance PartをReplaceするとき、Incoming PartはOutgoing PartのInstanceのままになります。

Data Management

Input: When a Model Browser container (Subsystem, Simulation Model etc.) is exported from ANSA, its properties are written both in the DM Header section of the solver keyword file and as ANSA Comments. Mismatch between the properties written in the DM Header and ANSA Comments could lead to the creation of duplicate entities in the Model Browser during Input. The properties written in the DM header now prevail over properties written in the ANSA Comments section.

Data Management

Subsystems - Save in DM: JTファイル(Light Representation)を保存するとき、必要以上に時間がかかっていました。

Connections & Assembly

Modules/Convert: 異なるModule Idを参照しているFEエンティティをConnection Pointに変換すると、異常終了し、破損したデータベースを保存することがありました。

NASTRAN

Utilities - Deck Info: RBE2を全要素数に含めていませんでした。

Tools

Checks > Duplicate Elements: 重複している2次シェル要素を検出しませんでした。

NASTRAN

Drawing Styles - Fringe: シェルとソリッドのTEMP値を表示しませんでした。

LS-DYNA

Database Browser: *PART_MOVEキーワードが存在したとき、カード(例:Material、Propertyなど)編集のパフォーマンスが低下していました。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in EPILYSIS

Enhancements in EPILYSIS

SOL200

TOPVAR: TOPVARを用いることで、直交異方性材料および異方性材料のトポロジー最適化に対応しました。

直交異方性(MAT8)および異方性(MAT2)材料を有するShell Propertyの繊維配向角(THETA)について最適化が行え、パラメータ PARAM、TOPTHETA、YES(デフォルト)によって考慮出来ます。異方性(MAT9)材料を有するSolid Propertyのトポロジー最適化に対応しています。

Known issues resolved in EPILYSIS

NVH

複数のFREQカードで周波数範囲を設定した周波数応答解析で、必要以上に大きなメモリーを使用する問題を修正しました。

Laminates

PCOMPのLaminateオプションを“BEND”とし、“ECHO=PUNCH”と設定すると異常終了することがありました。

 

go to top

Enhancements and known issues resolved in META

Report

Report Composer PPTX: 音声ファイルをサポートしました。

Automation

Script: Page内のPlotからCurveをコピーして別のPageのPlotにペーストするためのScript関数CopyPasteSomeCurves()を追加しました。事前にPageをアクティブにする必要はありません。

Known issues resolved in META

General

GUI: ドッキングしたウインドウのサイズ変更がv19.1.0以降で正しく機能しませんでした。

Decks

FE-Fatigue: 複数のScalar resultを同時に読み込もうとしたとき、異常終了することがありました。

Decks

LS-DYNA: Obinout ファイルから最適化結果をPlotできず、異常終了することがありました。

Identification of Entities and Data

iFunction - Pick Elements: Propertyを持つ1D要素を選択すると、フリーズすることがありました。

NVH Calculators

Modal Response & FRF Assembly: SORT2形式のPunchファイルで"Nastran FRF"として定義しているFRF AssemblyツールのFRF componentを正しく読み込まず、計算結果が誤っていました。

 

go to top

 

go to top

CAD data translator

CAD-DATAトランスレーターでは下記のCADデータフォーマットをサポートしています。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
-CATIA V5 (R7 - V5-6R2018(CATIA V5 R28)) [.CATPart],[.CATProduct]
 Tesselated data [.cgr]

-CATIA V6 (2011x - 2013x)) [.3Dxml]
-3DExperience (2014 - 2015x) [.3Dxml]
-NX (CT based, Unigraphics V11.0 - NX12) [.prt]
-NX (UG Open based, NX9, NX10, NX11, NX12) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
PTC Creo Parametric 2.0 M140, PTC Creo Parametric 3.0 M020,
PTC Creo Parametric 3.0 M030, PTC Creo Parametric 3.0 M040,
PTC Creo Parametric 3.0 M090, PTC Creo Parametric 4.0 F000,
PTC Creo Parametric 5.0 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2018) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (v8 - v10) [.jt]
-Inventor (2010 - 2019) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]
-Rhino [.3dm]

-ACIS (R27) [.sat]

 

go to top

Recommended GPU (OpenCL Support) requirements

ANSAおよびMETA(v14.x.x以降)をご利用頂くにあたり、下記GPU環境が推奨されます。

AMD:
 Radeon HD 7xxx, 6xxx
 Firepro W series, V series
NVIDIA:
 GTX 5xx, 6xx
 Tesla (all)
 Quadro 2000 - 6000, k2000 - k5000
Intel:
 i3, i5, i7
 ("Intel SDK for OpenCL Applications 2012-13"のインストールが必要です。)


go to top

Virtual Machine Environment

Virtual Machine環境をご利用の場合は、日本語セットアップガイドに記載しております下記点にご注意ください。
-BETA_LMはVirtual Machine環境ならびにNICチーミングを設定しているサーバでは稼働いたしません。
-Virtual Machine環境でBETA CAE Systems S.A.のソフトウェア(例:ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator)を利用する場合は
 ソフトウェアを起動した本数分のライセンスが必要になります。


 

ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator v19.1.1のダウンロードはこちら


株式会社 BETA CAE Systems Japan
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-3
T: 045-478-3840 | Email: support@beta-cae.jp | http://www.beta-cae.jp

なお、ダウンロードの際のユーザーアカウント/パスワードは、前回(v19.1.1)リリース時にご案内したものと異なっております。
恐れ入りますが、ご不明な場合は弊社 Email: sales@beta-cae.jp までお問い合わせください。


Release Announcement BETA CAE Systems suite v19.1.1