BETA CAE Systems
                    logo

February 13, 2018

BETA CAE Systems announces the release of
the v18.0.2 of its software suite



ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator v18.0.2のダウンロードはこちら



ansa meta image


Contents

Enhancements and known issues resolved in ANSA
Enhancements and known issues resolved in META
CAD data translator v18.0.2
Recommended GPU (OpenCL Support) requirements
Virtual Machine Environment


Enhancements and known issues resolved in ANSA

Enhancements in ANSA

Data management

Model Browserのメインリストに追加できる"DM"というラベルの新しい列が追加されました。
そのエンティティがDM内に存在しているかどうかリアルタイムで確認することができるようになりました。

DMに格納されている別のバージョンに置換されたとき、置換されるPartのモデル設定エンティティが保持され、
データベース内に重複したエンティティが生成されていたのを修正しました。

Connections & Assembly

A_POINTのペアからConnectorを作成する機能がいくつか強化されました。
この機能は表示されているA_POINTのみ考慮されるようになりました。
プレビューモードでは作成されるConnectorのハンドリングが改善されています。

Task Manager

動画ファイル(Morphing Parametersで既に利用可能)を生成するオプションが、Optimization Taskのコンテキストメニューに
追加されました。

Kinetics

ソリッド要素のFlex Bodyの変形/応力/歪のアニメーションをサポートしました。

Plugins

PAMCRASH DeckでLaminate Convertが使用可能になりました。

Known issues resolved in ANSA

CAD Data to ANSA Translators

同一端末で共通のtmpディレクトリにログインしている複数のユーザーによる並列変換が実行できるようになりました。

Model Browser

PartのANSA IDをDBに保存して、また読み込んだ際に変更されていることがあるバグを修正しました。

Data Management

Partに"Change Representation > Lumped Mass"を実行すると、そのPartの質量が2倍になる現象を修正しました。

Connections & Assembly

Unmeshed geometryの場合、同じPartを複数回誤って検出していたバグを修正しました。

Shell Mesh

NodeをPasteすることでsingle boundからdouble boundに変更された時、FE perimeterが自動的に更新されるようになりました。

Wrap>Constant Length機能は2次要素の中間節点を考慮しないので、"Shells out of structure"モードでは交差を作成していました。

Volume Mesh

設定した値と異なるStep数と距離で作成されることがありました。

Decks

FeatureやFE PerimeterがあるモデルにChange Typeを実行すると、ANSA DBが壊れることがある現象を修正しました。

NASTRAN

NASTRAN HEADERは、複数行に記述されたコマンドを読み取ることが可能になりました。

PAM-CRASH

書き出しを行うと、Functions (FUNCT)ウインドウが誤って表示されていたバグを修正しました。

Abaqus

Solidに設定されたFILMが正しく読み込まれるようになりました。

RADIOSS

Functionフィールドに9桁のIDを入力することができるようになりました。

OPTISTRUCT

DRESP1は、PTYPEフィールドをサポートしていないRTYPEにPTYPEフィールドを使用して出力し、
OPTISTRUCTの計算時にエラーが発生していたバグを修正しました。


新機能、機能強化、バグフィックス等の詳細につきましてはリリースノートをご参照ください。


go to top

Enhancements and known issues resolved in META

Enhancements in META

Modal Response & FRF Assembly

バッチモードで実行するとき、全てのNVH計算のパフォーマンスを改善しました。

Decks

Permas Corner Vector resultをサポートしました。

Toolbars

Occupant Injury Criteria:ダミー毎、シミュレーション毎、実験結果毎に対して、選択したレギュレーションがその閾値と共に
結果が棒グラフで表示されます。

Known issues resolved in META

Decks

LS-DYNA:INCLUDE_TRANSFORMとINCLUDE_PATHが正常に読み込まれるように修正しました。

States & Animation

v18.0.0.以降、UNV 2414フォーマットの連続したIDのStateを見つけられないバグを修正しました。

Linear Combination

多数のStateの結果の組み合わせを実行する時に、異常終了することがあるバグを修正しました。

Project Files & METADB

metadbファイルの保存時にCFDジオメトリと結果が誤っていることがあるバグを修正しました。


新機能、機能強化、バグフィックス等の詳細につきましてはリリースノートをご参照ください。

 

go to top

CAD data translator v18.0.2

CAD-DATAトランスレーターでは下記のCADデータフォーマットをサポートしています。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
-CATIA V5 (R7 - V5-6R2017(CATIA V5 R27)) [.CATPart],[.CATProduct]
Tesselated data [.cgr]

-CATIA V6 (2011x - 2013x)) [.3Dxml]
-3DExperience (2014 - 2015x) [.3Dxml]
-NX (CT based, Unigraphics V11.0 - NX11) [.prt]
-NX (UG Open based, NX9, NX10, NX11) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
PTC Creo Parametric 2.0 M140,PTC Creo Parametric 3.0 M020,
PTC Creo Parametric 3.0 M030,PTC Creo Parametric 3.0 M040,
PTC Creo Parametric 3.0 M090, PTC Creo Parametric 4.0 F000 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2017) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (v8 - v10) [.jt]
-Inventor (2010 - 2017) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]
-Rhino [.3dm]

 

go to top

Recommended GPU (OpenCL Support) requirements

ANSAおよびMETA(v14.x.x以降)をご利用頂くにあたり、下記GPU環境が推奨されます。

AMD:
 Radeon HD 7xxx, 6xxx
 Firepro W series, V series
NVIDIA:
 GTX 5xx, 6xx
 Tesla (all)
 Quadro 2000 - 6000, k2000 - k5000
Intel:
 i3, i5, i7
 ("Intel SDK for OpenCL Applications 2012-13"のインストールが必要です。)


go to top

Virtual Machine Environment

Virtual Machine環境をご利用の場合は、日本語セットアップガイドに記載しております下記点にご注意ください。
-BETA_LMはVirtual Machine環境ならびにNICチーミングを設定しているサーバでは稼働いたしません。
-Virtual Machine環境でBETA CAE Systems S.A.のソフトウェア(例:ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator)を利用する場合は
 ソフトウェアを起動した本数分のライセンスが必要になります。


 

ANSA/EPILYSIS/META/CAD data translator v18.0.2のダウンロードはこちら


株式会社 BETA CAE Systems Japan
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-3
T: 045-478-3840 | Email: support@beta-cae.jp | http://www.beta-cae.jp

なお、ダウンロードの際のユーザーアカウント/パスワードは、前回(v17.1.4)リリース時にご案内したものと異なっております。
恐れ入りますが、ご不明な場合は弊社 Email: sales@beta-cae.jp までお問い合わせください。


Release Announcement BETA CAE Systems suite v18.0.2